建築確認を申請しないコンテナハウスに関するページです。 詳細はコンテナハウスをご参照ください。

コンテナの用途
ɬ?׽?ʬ?ʵ?ǽ

ご要望に合わせたご提案

コンテナハウスの購入を検討される方は、海上輸送用コンテナの持つ独特の風合いを好みつつ、「価格の安さ」を期待されます。 しかしながら、いざ見積りを検討し始めると「思ったほど安くない…」と気付かされ、購入を断念してしまうケースが少なくありません。
コンテナジャパンは、お客様のご要望を尊重し、最適なプランをご提案いたします。

中古コンテナ vs 新造コンテナ

コンテナハウスを選ぶ最初の選択肢を整理しておきましょう

中古コンテナ
希望どおりの改造コンテナを中古で見つけることは、困難です。一方、改造のない中古コンテナに改造を施すことは、コスト的にメリットがありません。なぜなら、開口部の施工はDIYが極めて困難なので、高いコストを払って、耐用年数の少ない中古コンテナに改造することになるからです。
新造コンテナ
ドアや窓などの開口部は、中国または韓国の製造工場にて施工を手配いたします。人件費の安い海外工場内で出荷までワンストップなので、低価格での販売が可能となります。新品なので、中古よりメンテナンスコストが安く、資産価値の観点からもお得です。

改造の基本

コンテナを倉庫以外の用途で使用するには、まず開口部の追加が必要となります
ここでは単体のコンテナに窓やドアを基本的なパターンをおさらいします

シンプルな例

ドアと窓を共有する開口部を追加

?????????????ȡ??

より明るく

窓を追加し、室内をより明るく

オフィスとしても

ドアがあればオフィスにも使える

コンテナジャパンでは、中国または韓国の製造工場で開口部のみを施工します。
これは建具の品質と海上輸送費を安く抑えるためです。
製造工場の加工なので、作業クオリティにも安心感が得られます。

建具のインストール

建具は、各港の提携企業様が施行します。
建具は施主支給も可能なので、トータルコストを安く抑えることができます。

その他の特殊コンテナ